選ばれる理由2 高性能外壁材ALC

  • TOP > 
  • 選ばれる理由2 高性能外壁材ALC

alc「耐火性」「断熱性」「遮音性」「耐久性」に優れた「高性能外壁材 ALC」

ユニバーサルホーム尾道店がつくる家は、「強い」ことが大きな特徴です。「何に?」と聞かれたら、地震や台風、津波などの自然災害はもちろん、火災にも強いとお答えします。その強さを叶える特徴の1つが、「高性能外壁材 ALC」です。

こちらでは、広島県尾道市、三原市エリアを中心に注文住宅建築を行う「ユニバーサルホーム尾道店」が、「高性能外壁材 ALC」についてご紹介します。

高性能外壁材 ALC」って?

「高性能外壁材 ALC」って?

ALCとは“Autoclaved Lightweight aerated Concrete“(高温・高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の頭文字とって名付けられ、珪石(けいせき)や石灰、セメントなどの自然素材を使用して作られた、地球にやさしい建材です。

「高性能外壁材 ALC」には3つの素材の特性があります。
①無数の気泡
原料に由来するアルカリ成分とアルミ粉末の化学反応で水素ガスが発生し、内部に無数の気泡が形成されます。この無数の気泡が軽量・断熱・遮音性という特徴を生み出します。
②細孔
気泡を完全に独立させずに、気泡間を直径0.05~0.1ミクロンの細孔でつないでいます。火災の時にはこの細孔が熱した空気の逃げ道となり爆裂を防ぎ、高い耐火性を発揮します。
③トバモライト結晶
製造過程で、気泡や細孔の表面に生成するトバモライト結晶は、強度に優れ、熱や水で化学変化を起こさない、物性的に安定した板状結晶構造体でALCの強度や耐火・耐水・耐久性を実現します。

これらの3つの特性によって「耐火性」「断熱性」「遮音性」「耐久性」「軽量性」などにおいて優れた性能を発揮します。

このようなさまざまなメリットを生み出す「高性能外壁材 ALC」は世界40ヵ国で生産・使用されており、いわば「世界基準」の建材です。一般住宅だけでなく、都庁などの公共施設や文化財保存施設、駅やスカイツリーなど幅広い建物にも採用されていることからも、高性能が保証されていると言えます。

「高性能外壁材 ALC」は、家族の大切な住まいを守りつつ、快適で安全な生活を育んでくれます。

こんな疑問、お持ちではありませんか?

外壁は長い年月にわたる日差しや、台風などの雨風などから家全体を守る役割をはたす大切な部材です。「高性能な外壁材」と聞いて、こんな疑問が浮かんできませんでしたか?

  • 外壁に性能とか関係あるの?
  • 性能がいいと、どんなメリットがあるの?
  • 外壁って見た目だけじゃないの?
  • 断熱性ってそんなに変わるの?
  • 結局は貼り替えとかのメンテナンスも必要なんでしょ?

「高性能外壁材 ALC」は一般的な外壁材「窯業系サイディングボード」とは大きく違います。住む人のさまざまな不安・不満を解消し、快適な暮らしを提供してくれます。

「高性能外壁材 ALC」が選ばれる理由とは?

世界中で選ばれている「高性能外壁材 ALC」。その理由を詳しくご紹介します。

理由1 家族を守る頑強な「耐火性

理由1 家族を守る頑強な「耐火性」

「高性能外壁材 ALC」の大きな特徴の1つが耐火性の高さです。過酷な耐火試験をクリアしている、国土交通省大臣認定の耐火構造部材です。

通常、木材の引火危険温度は約260℃とされており、仮に隣家に火災が起きたとすると、外壁面は800℃以上の高熱にさらされて、内側の構造体が発火する恐れが生じます。
しかし「高性能外壁材 ALC」であれば、外壁が直接炎にさらされても、内側は引火危険温度まで上がりにくく、延焼の危険性を減らすことができます。
その実力は、阪神・淡路大震災で防火壁の役割を果たした多くのALCによって実証されています。

また、完全無機質なので加熱による有害ガスが発生しないのも特徴です。
この高い「耐火性」が万が一の事態から家族や財産を守ってくれます。

理由2 高い「断熱性」が生み出す快適な省エネライフ

理由2 高い「断熱性」が生み出す快適な省エネライフ

「高性能外壁材 ALC」の断熱性能は、窯業系サイディングの2倍。37㎜という厚みの中に細かい気泡がたくさん入っています。この気泡に含まれる空気が層をつくって熱の伝わりを抑えることで、高断熱性が実現します。その結果室内は、冬の寒さはもちろん夏の暑さからも影響を受けにくくし、室内を快適に保ちます。

この高い「断熱性」により、季節を問わず快適な暮らしをつくり、室内の冷暖房効率を高め、「省エネライフ」も実現します。

理由3 さまざまな音のストレスを軽減する「遮音性

理由3 さまざまな音のストレスを軽減する「遮音性」

「高性能外壁材 ALC」は音の反射が大きく、37㎜の厚みの中に無数の気泡が音を吸収し、室内への音の侵入を小さくします。外部の騒音が聞こえにくく音のストレスが軽減されるとともに、家の中の音も漏れにくいため、プライバシーも守られます。

この遮音性の高さは、駅のホームの防音壁に使用されていることからも分かると思います。しかも、性能劣化がなく、遮音性能が長期にわたって保たれます。

外部からの音を遮り、家の外にも漏らさない快適な環境をつくります。

理由4 永く住み続けることができる「耐久性

理由4 永く住み続けることができる「耐久性」

「高性能外壁材 ALC」は、長年にわたって太陽光や雨風にさらされても伸縮やひび割れ、反りなどがほとんど生じない耐久性の高い建材です。

含まれる無数の気泡によって軽く、建物の振動による負担も軽減します。その結果、多くの建物に被害が出た阪神・淡路大震災や新潟県中越沖地震などにおいても、耐久性の高さが証明されています。

また、耐用年数は60年以上と言われ貼り替え不要のロングライフ外壁材でメンテナンスコストも抑えてくれます。
※耐用年数は適当なメンテナンスをもとに貼り替え不要と推定する年数です。

9月に モデルハウス が誕生!

“体感型”モデルハウスで無料体験!

「地熱床システム(地熱床暖房)」+「高性能外壁材ALC」+「無垢材」…など、
性能性抜群のモデルハウスが「尾道」に誕生します。
体感せずに、この凄さはわかりません!
スタッフが常駐していますので、お好きな時にお越しください。
家づくりを始めるなら、まずはモデルハウス見学から。